HOME | 作業事例 | ロードスター NCEC 作業事例

故障事例

サーモスタット不良

ヒーターが効かない。オーバークール。燃費悪化

・NCロードスターの前期通称NC1型で多い症状。
 冬季時下り坂をエンジンブレーキを使って下っていたら純正水温計針が下がって来たり、ヒーターの効きが悪い。燃費良くない。マフラーの出口に煤が付くなど症状がでます。
 冷却水温度を管理するサーモスタットが開いたままになる不良が多い。
 樹脂製サブタンクも破損するので交換歴が無いようであれば、作業ついでに交換するのが望ましい。
・サーモスタット ¥4,370~
・サブタンク ¥4,355~


※価格は修理当時の金額となります。
 工賃は含まれておりません。正確な金額は見積り問い合わせお願いします。

通常温度が下がれば真ん中の隙間はなくなりますが、
常温で開いたままになっているサーモスタット

※表記がない限り表示価格は現金支払い、消費税別価格となります。
製作中、随時更新していきます。

営業日の案内


作業予約、来店ご相談の予約・変更は営業時間内にお電話にてお願いします。
メールなどは24時間受付中です。ご返信は営業時間内での返信となります。

 

営業時間 10:00 ~ 19:00
定休日 月曜日
TEL 0575-23-7145
MAIL info@c-and-e-auto.com